■太ももダイエットと股関節のゆがみ


最近「骨盤ダイエット」なる種類のものを良く見かけませんか?骨盤がゆがんでいたり、開いていたりする事で、胃や腸などの内臓が、本来あるべき位置から下がって開いた骨盤に落ちてしまうと言う事が言われています。また、骨盤のゆがみから股関節などにゆがみが生じ、本来付くべきではない部分へ脂肪がつきやすくなると言われています。骨盤のゆがみから全身のゆがみが生じ、このゆがみから冷えを引き起こす事もあるといわれています。

骨盤のゆがみは、日常のほんの少しの癖から引き起こします。たとえば、座った時にはいつも同じ足を上に組んでしまう、信号待ちなどの時にはいつも同じ方向の片足に重心を置いている、寝るときにいつも同じ方向を向いて横向きになっている、鞄を持つ手がいつも同じ、仕事中にいつも前かがみ気味に同じ姿勢をしている、横座りを良くしている、イスに浅く腰掛け背もたれに寄りかかる、パソコンが机の真ん中に無い、テニスやバトミントン・卓球など利き手のみを良く使うスポーツや仕事をしている、イスに腰掛けた時足を開いている・・・特に気にせずに行っている習慣が実はゆがみの原因となっているのです。

最近良く紹介されている骨盤のゆがみを矯正する方法は、上に挙げたような悪い習慣を改善するのと同時にストレッチやトレーニングによって骨盤を正常な位置に矯正するというものです。「まっすぐに立って骨盤を大きく回す」と言う動作が良く知られているのではないでしょうか?一番確実に骨盤のゆがみを矯正するには整体やカイロプラクティックなどに通い施術してもらう方法ですが、自分でもマメに調整する事を勧められます。

その方法が、常に骨盤を意識した生活を心がける以外に、簡単なストレッチを幾つか教えてもらいました。まずは仰向けに寝転がり、膝を立てます。ペットボトルを膝の少し上辺りに挟み、両手は身体の横に投げ出し、ペットボトルを挟んだ足に力を入れながらゆっくりと左に倒して行きます。ゆっくりと元の姿勢に戻り、次に逆の右側に倒し元に戻します。ゆっくりと動作を行うのがポイントです。この動作を左右1回とカウントして30回程度を毎日行うこと、合わせてまっすぐに立ち、骨盤に両手を当て、お腹の周りに浮き輪を想像しながら左にゆっくりと10回程、回します。次に反対も同様に回しましょう。10回左右1セットとして、1日に3セット行うようにと指導がありました。骨盤が整う事で、スカートやパンツをウエストサイズで選んでも、太ももやお尻で引っかかるなんてことがなくなるんです!試してみてくださいね。

■本サイト人気コンテンツ


★ 太ももダイエット用の簡単足やせグッズ
一番人気の太ももダイエットグッズが「骨盤ベルト」です。テレビ番組で紹介されたことをきっかけに、ネット販売でとても人気の商品となりました。骨盤のズレから来る下半身太りを・・・ 続きを読む

★ 日常生活でのエクササイズ
日常生活の中で特別なエクササイズの時間をとらなくても正しい姿勢を心がけるだけで身体が引き締まっていくのを実感できるはずです。また、階段を上がる際には2段ずつ・・・・ 続きを読む

★ セルライトと太ももダイエット
セルライトができてしまったらまず、血行を良くすることを心がけましょう。冷たい食べ物や飲み物を控え、入浴時などに気になる部分をマッサージをし太ももの場合はセルライト・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 食欲と太ももダイエット
◆ 太股の脂肪
◆ セルライトとは?用
◆ オレンジピールスキン
◆ セルライトとの関係